じまゆう日記

結婚生活に関する色々なことを書いていきます!

【女性の働き方を考える】結婚3ヶ月で不安障害に陥った理由とその後の働き方

交通費を自費で出してでも会社に行く理由があった

自費で新幹線通勤を選んだ理由
私は現在正社員として仕事をしていますが会社には内緒で新幹線通勤をしています。
もちろん交通費はかなり上がるので収入は下がってしまいますがそれでも価値があると思って続けています。
ちなみにお給料は東京都新卒初任給位なので安月給です💦
それでも価値あると夫婦で判断した理由と新幹線通勤を初めた経緯をまとめます。

 

 

突然やってきた不安障害


2018年春から通勤の満員電車で息苦しくなるようになりました。
今思えばその頃から会社で人が減り、仕事の負荷が増えていったと思います😭
それでも休んではいけない、辞めてはいけないと思いすぎるあまり 9月にとうとう過呼吸になってしまいました・・・
満員電車で動くこともできない中で息が出来なくなり、手足が震えて立てなくなってしまったものの、混雑のせいでしゃがむこともできない。
運悪く快速に乗っていたのでなかなか次の駅につかず、降りたくても人を声は出ない、かき分けて出ていく気力もない・・・
そんな状況で電車に乗り続け、急ブレーキがかかった瞬間にできた隙間にうずくまってしまいました💦
誰かが電車から降りるのを手伝ってくれるかもしれない、そう思い  ましたが皆気付いてはいるものの声をかけてくれる人はいませんでした😭
やっと降りられた時はもうボロボロの状態で歩くことができず、主 人に車で迎えに来てもらいました。

 

癖になってしまった過呼吸


初めての過呼吸の後から電車に乗る事が怖くなってきてしまい、少しでも息がし辛くなると途中下車して落ち着いてからまた乗ったりを繰り返していました。
しばらくすると電車に乗っていなくても過呼吸が出るようになり、 ひどいときには夫婦喧嘩をしただけで過呼吸になったことも・・・
調べてみると過呼吸というのは癖になるようで、私も完全に癖づいてしまっていました。
でも自分ではどうしようもできない、という時に会社でたまたま人事面談があり心療内科へ行くことを勧められました。
心療内科で診断書をもらえば休職することができる、それを聞いてすぐに病院の予約を取りました。

 

心療内科での診断と休職の決断


病院での診断は【不安障害・パニック障害つまり強く不安を感じ るとパニックになり過呼吸になってしまうというものでした。
お医者さんからはまず会社のことは忘れてよく休むこと、無理のない範囲での外出は続けること、と言われ1か月の休職を言い渡されました。
その頃の私は完全に思考回路がおかしくて、心身ともにボロボロの状態なのに出社しなければという気持ちは持ち続けていました。
休職に入ってからも私が休むことで同僚が更に辛い思いをしているのではないか、私はずる休みをしているのではないかと罪の意識に襲われる毎日でした。

 

更なる休職で変わっていった自分


1か月の休職が終わりかけたころ、私は仕事に復帰するつもりでした。
ただ電車への恐怖心は変わらず、通院の中でお医者様に見抜かれてしまい、診断は更に1か月休職というもの。
その頃には抗鬱剤も処方されるようになりそこで初めて「私は病気なんだ、休職はずる休みではないんだ」と気づくことができました!
休職がちょうど結婚式の時期と被っていたので会社の人からは「結婚式の準備休暇だと思って休みな!」と言ってもらいとても気が楽に😊
その頃から治療にしっかりと向き合えるようになって、回復に向かっていったように思います。
でもお医者様の診断は一向に変わらず結局3か月の休職となり、2019年1月から復帰という流れになりました。

 

復帰後の働き方

復職後は元々働いていた部署に復帰する気満々だった私ですが、復帰初日に人事部長とした面談で別の部署へ移動となることが言い渡されました。

もちろん断る権利もありましたが、人事部の方々がせっかく復帰してくれたのにまた前の部署で体調を崩してはいけないと配慮して下さってのことだったのでお受けしました。

結果総務のような仕事になりクレームだらけだった前の部署の時と同じ会社で働いているとは思えないほどクリーンな環境に✨

毎日残業なく定時で上がれ、その分お給料は減りましたが家に帰って家事をしたり、こうしてブログを書く日々は社会人生活の中で一番充実しているかもしれません。

ただ、まだ通勤電車に乗る勇気が出ず家の最寄り駅と会社の最寄り駅が新幹線の停車駅に近いので会社には内緒で新幹線通勤を始めました。

毎月3万円ほどお給料から交通費の飛び出た分を出しているので正直私の安月給では必ずしも得な選択なのかはわかりません💦

 

働く目的を考える

私たち夫婦は結婚する前から子供ができたら保育園(=共働き)か幼稚園(専業になる)かを話してきました。

私としては子供を保育園に預けて働く気だったのですが、最近は主人の強い希望により私が仕事を辞めて幼稚園に通わせる方に傾きつつあります💦

そうなるともう何時会社を辞めても良いような気がしてきますが、私が共働きを考えていた一番大きな理由は産休・育休の制度です。

仲の良い先輩ママさん達に産休中の給与面の話を聞いて。貰えるものは貰いたい!つまり子供を保育園に預けて復帰する必要があると考えました💡

でも主人としては子供ができたら辞めて良いと思っている、と話しがまとまらないのでとりあえず復帰前提で子供ができたら産休を貰ってその後はその時考えようということになりました。

反感を買うかもしれませんが、貰えるものは貰いたい!でも家族が1番大切!これは譲れない考え方です。

 

新幹線通勤という手段

 

提案してくれたのは主人でした。

休職中何度も仕事辞めて良いんだよ?と言ってくれましたが私の強い希望で復職することに

するとせめて、ということで新幹線通勤を提案してくれ今に至ります。

不安障害で外出ができない、電車に乗れないときは私はこの大きい社会の中でなんてだめな人間なんだろうとたくさん自分を責めました。

復職したての頃も安月給の中新幹線通勤をして主人にとってなんてお荷物な妻なんだろうと責めました。

でもポジティブになれば新幹線を使えば通勤できる!前と同じ生活が出来ている!と気づけた‼️

不安障害になるとついつい出来ないこと、ダメなことを探しがちですがその中でもできることってあるはずです。

これは同じ不安障害を持っている方も同じではないでしょうか?

他の人と同じようにできなくても私のように【これならできる】で全然アリだと思いますよ😊

 

2か月通勤してみた感想

新幹線通勤を始めて2か月が経ちましたがとても心が穏やかです✨

もちろんその前後に少しだけ在来線にも乗っているのですが、今までは1時間半満員電車だったのでそれを思えば一瞬です。

新幹線はほぼ座れますし、例え立っていたとしてもパーソナルスペースが守られているというのはストレスが溜まりません!

不安障害に関わらず使える手段があれば使ってしまいましょう😊

 

まとめ

今回の休職・復職を通して女性の働き方って難しいなと感じました。

会社も新婚さんが復帰しても産休を取るんじゃないかという考えも少しはあったと思います💦

主人から家から近い会社への転職を進められてもアラサーという年齢を考えると子供も欲しい、でも新しい職場に入ってすぐ産休は取り辛い・・・

そんなことが付いて回るのは女性にとって辛いなあ、と心から思いました。

私の場合主人が色々な選択肢を出してくれたり、会社も復職するに当たりとても良くしてくれ、新幹線という手段を持っている、という恵まれた環境だと日々実感しています。

日本の女性は仕事を出産の両立に悩みますがぜひ時間を掛けて自分にとってのベストを見つけていきましょう🙌