じまゆう日記

結婚生活に関する色々なことを書いていきます!

戸建て購入のサービス工事には騙されるな!

戸建ての買い方

既に立って家を買う建て売りと、一から自分達で決めていく注文住宅の2択だと思っていませんか?

実はその間のいいとこ取りな買い方があるんです!!

タイミングが合えば絶対おすすめ、そんな購入方法についてご紹介します。

 

 購入方法の違い

注文住宅

土地選びから始めて住宅メーカーの建築士さんと話して間取りを決めていきます。

戸建を買うなら好きな間取り、好きな色合い、夢ですよね😊

ただこの注文住宅とっってもおお金がかかりますし、家を建て始める前に家の半額程度の前金を入れる必要があるので一般庶民にはなかなか手が届きません💦

 

建売住宅

戸建購入の場合ほどんどの方がこちらを選ばれるのではないでしょうか?

既に建っている、又は建築中の家を見に行って購入するパターンです。

こちらは注文住宅に比べると金額が抑えられますし、実際に見て購入できるのは良いですよね‼️

ただし、もちろん間取りを自由に決めることはできませんのでここだ!という場所を見つけるのは難しいです💦

 

第3の購入方法

私達の購入方法ですが建売住宅ですが、注文住宅と建売住宅の間のような方法です。

土地に対する家の場所は決まっているものの、ある程度の範囲内で注文住宅のように間取りを決めたり、好きなメーカーのキッチンやお風呂を入れたりすることができます✨

なぜこんな方法ができたかというとタイミングの一言に尽きます😂

通常、建売の家を建てる場合の流れを簡単にご紹介

①家を建てる場所を決めて国に申請をする

②間取りを決めて防災の観点から問題がないか再度国に申請を出す

③建築開始

タイミングが良く①の段階の物件に出会えると②までの間は間取りを自由に変更することができる場合があります💡

もちろん購入を前提にはなりますが、間取りを好きにできるって理想ですよね😊

 

どうやったらそんな物件に出会えるの?

こればかりは運とタイミングしかありません。

残念ながら多くの売地はどんな目的で、どんな建物を建てるのか決めてから売買が行われています。

建売の場合大手ハウスメーカーが買い取りますのでその段階で間取りが決まっていないことはなかなかないです💦

また、もしあったとしても当然一般公開はされていません・・・

ではどうしたら良いかというと不動産屋の営業さん次第になってきます‼️

私たちの場合はこの物件を紹介される前に既に数回内見に行っており、私たちの要望に合う家が予算内で見つからないと落ち込んでいるときでした。

そんな時に営業さんが「先日入ってきた物件なんですがたぶん気に入りますよ!」と紹介してくれたんです💡

当初予定されていた間取りが好みではなかったのでお断りしようとしたのですが、間取りが変更可能だと言われたので飛びつきました‼️

ちなみにそのころ私たちが営業さんに言っていた2人の希望がコチラ

・関東某ターミナル駅から徒歩10~15分

・価格は4500万円程度(頑張って5000万円)

・2階建て(3階建てNG)

・LDKで17畳以上(理想は20畳)

・トイレ2か所

・ファミリーカーでも止められる駐車スペース

・カウンターキッチン

・3LDK以上

・夫婦の寝室は7畳以上

・各部屋にクローゼットあり

・ウォークインクローゼットあり

なんという我が儘!と思われるかもしれませんが家を探していると欲は出てくるものです💦

営業さんにはそれ位行ってくれた方が物件が絞れるので良いです!と言ってもらいました😂

皆さんも探す時は営業さんにどんどん希望を話していきましょう‼️

 

サービス工事に騙されるな!

これから家を購入される方にぜひ覚えておいて欲しいワードです⚠️

私たちが先ほどお話しした家を購入するか悩んでいた時、1番引っかかっていたのが夫婦のスペースが狭いというとことでした。

主人は家で資格の勉強をすることがありますし、私もブログを書きたい・・・

2人で暮らしている時はどうにでもなりますが、いずれ子供ができたらやっぱり書斎のような場所が欲しくなりますよね・・・

でも7畳の寝室にベッドを置いたら(私たち夫婦のベッドはワイドキングサイズ)机や椅子を置くところなんて無いに等しい・・・

と悩んでいたらハウスメーカーの方からこんな提案が「ロフトを付けたらいかがでしょうか?」

選んだ物件の土地が条例で2階までしか建ててはいけない地域なのですがロフトは本来あくまで居住スペースではないので3階の扱いにはならないんです✨

それを聞いて値上がりしますか?と聞くと部屋を出てコソコソ相談する不動産屋とハウスメーカー💦

返ってくると「サービス工事でやります!」と言われて喜んだ私たち🙌

ロフトと言っても1.4mまでは高さを出せるのでプチ書斎にするにはばっちりです!

かなり前向きな気持ちになって実家の父に相談すると「サービス工事に騙されるな」と言われました。

父は建築関係の仕事をしているのですが、ロフトや棚をサービス工事にしますという殺し文句はよく使われるらしいです。

知り合いの不動産屋さんにも「娘さんうまいこと乗せられちゃってるねぇ」と言われたそうです😭

なぜなら家を作るには大量の木材が必要で、当然予備の木材も購入しているから💡

その予備で棚や小さい(5畳くらいまで)のロフトは作れるので大工さんが少し頑張るくらいで出来てしまうそうです。

そうとは知らず浮かれていた自分が恥ずかしい・・・

 

交渉は値下げより追加工事を狙え!

大きい買物です、交渉は絶対にしましょう‼️

もちろんごり押しはいけませんがある程度お願いをしてみる分には十分その価値があります。

私たちの場合は交渉の結果こちらを勝ち取りました💪

・トイレやリビングなどに棚を取り付けてもらう

・ロフト9畳までOK(6畳を超えると柱などの関係で本来値上がり)

・ロフトに窓を最低1か所付けてもらう

・ロフトにコンセントを引いてもらう(これは少し嫌な顔をされました 笑)

・天井はプロペラファンを付けられるよう丈夫にしてもらう

プロペラファン=カフェとかで天井についてくるくる回ってる扇風機みたいなやつ

それぞれ調べてみると追加工事費を取られることが多いようで、ロフトのある家に必須のプロペラファンについては後付けの場合はかなり大変のようです💦

金額を下げる交渉は難しいですが追加工事をサービスにしてもらう交渉は不動産屋とハウスメーカー次第では可能と思われます‼️

棚くらいであれば建設途中の家でも付けてもらえるかもしれません。

 

家の購入は一生の中で1度あるかないかの大きな買い物です。

結婚式同様初めての事がなので本当にこれでいいのか、モノに見合った金額なのかと心配になりますよね💦

私もまだ家の間取りを決めている段階なので不安はありますがわくわくしながら家ができるのを待ちたいと思います‼️

今後も家の状況について記事にしていきますのでこれから購入を検討している方の参考になれば幸いです😊